「行政書士会の要」と言われるような存在になれるよう、日々、奮闘してます。
事務所開設当初~働いている事そのことが~
 事務所開設当初のことです。
 
 “開設してすぐにそんなに多くの依頼は来ないだろう”と結構割り切っていましたので、事務所の維持と日々の生活のために、当時、週末の夜中は、高速道路にあるサービスエリアの売店でアルバイトをしていました。

 芸能人が買い物に立ち寄る事が何度かありましたし、夜食は結構おいしかったので、それはそれで楽しく過ごしていました。

 当時まだ幼かった子ども達から、「お店でどんな仕事をしているの?」と聞かれ、「バーコートに『ピッ』ってやる仕事だよ。」と答えると、「『ピッ』ってやれるっていいなぁ。やってみたいなぁ。」と言って、羨ましがっていました。

 ある日、車で高速道路を利用して実家に帰る途中、アルバイトをしているサービスエリアの側を通った時のことです。

 子ども達に「お父さんがアルバイトをしている所だよ。」と言いますと、子ども達は、「お父さんのお店だ。」「ほんとだ、お父さんのお店だ。」と言って、車の窓ガラスに顔をくっつけてうれしそうに見ていました。

 事務所を開設したばかりで、まだまだ不安定な状況でのアルバイトでしたが、“お父さんは、あそこで「ピッ」ってやる仕事をしている”と少し誇らしげに言っているように感じました。

 「立派な仕事じゃありませんが・・・」「こんな会社でしか・・・」と、自分の仕事や会社を悪く言う人が時々います。

 そもそも仕事を立派とか立派でないとか区別できるものではないと思いますが、働いている事そのことが、家族や周りの人たちの自慢や誇りであって、その状況に関係なく自信を持ち続ければよいと思っています。

                        ブログランキングに参加しています。
                        下のバナーをクリック頂くと順位が
                        上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

壊れたパソコン
 事務所設立当初から使っていたパソコンが起動しなくなってしまいました。サポートセンターに問い合わせてみたところ初期化するしかないということですが、初期化してもうまく作動するかどうかは分からないとのことです。

 作動しなければパソコン本体の修理が必要になりますが、この機種の部品も保管されているかどうかも分からないので、結局はあきらめる事にしました。データは既に新しいパソコンに移し済みで、全く問題なく業務を続ける事ができます。

 このパソコンには永く働いてもらいました。私が行政書士事務所をはじめてからの付き合いで、その後、新しい機種が出ても、メモリーが足りないと思えば外付けのハードディスクを取り付けて使い続けていました。数年前からは新しいパソコンが事務所の役割のほとんどを担っていましたが、今まで使っていたパソコンを捨てる事ができずにいました。

 以前、新しいパソコンを購入した時に、それを知った子ども達は、なぜだか「やったぁ。」と言って喜んでいました。何を喜んでいるのかと聞きますと、〝今まで使っていたパソコンを払い下げてもらって、それを自分たち専用のパソコンとして使うことができる〟と勝手に思い込んでいたようです。「まだ仕事に使うよ。」と言いますと、子ども達は少しがっかりした表情をしていました。最近ではそんな事も忘れているのかもしれませんが、子ども達専用のパソコンは当分お預けです。

 このパソコンを捨てると、事務所も少しは広く使えるようになるのかもしれませんが、機能しなくなったパソコンを見ていますと、少しさびしい気がします。

                        ブログランキングに参加しています。
                        下のバナーをクリック頂くと順位が
                        上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス