FC2ブログ
 「行政書士会の要」と言われるような存在になれるよう、日々、奮闘してます。
日行連総会前日の上越新幹線より~息子からのメール~
 先日、新潟で日本行政書士会連合会の総会があり、私は代議員として出席しましたが、総会前日の夜から新潟のホテルに宿泊しました。

 総会の前日、仕事を終えてから東京駅に行き、指定席を何とか確保して最終の新潟行きの新幹線に乗る事ができました。夕食はまだ取っていなかったので、新幹線内でお弁当を買って食べました。

 お弁当を食べ終えて少しして、中学に入学して野球部に入ったばかりの息子から携帯電話にメールが来ました。「バットの素振りをすると左手の手首が痛い。」

 普段から私は、息子に「数を振れ(素振りを多くするように)」と話しています。〝量より質〟という言葉はありますが、その逆も真なりで、〝量は質を向上させる〟とも考えるからです。

 「今日は無理をするな。そして当分の間は素振りの数は少なめにするように」と返信しました。短いメールのやり取りですが、メールをしていて、父親らしい事をしている自分にふと気がついて少し嬉しくなりました。

 最近は、息子が素振りをしている様子を見ようとしても、「あまり見ないで」と言って近づけようとしなかったのですが、新潟に行くとなるとメールが来ました。父親というのは、少し離れたところに居るのがちょうど良いのかもしれません。

 息子のメールに喜んで、夜の新幹線の中で一人ニヤニヤしている変なオヤジの姿がありました。

                        ブログランキングに参加しています。
                        下のバナーをクリック頂くと順位が
                        上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

離婚契約書~あらたな幸せへの第一歩~
 数ヶ月前の話ですが、Aさんから、夫であるBさんと離婚をするにあたって、離婚契約書を作成してほしいとの依頼がありました。また、その離婚契約書を公正証書にしたいとのことでした。

 Aさんが親権者となって2人のお子さんを引き取ることで合意しているものの、細かな内容はこれから話し合うとのことでした。私は、Aさんに、お子さんの養育費、慰謝料、財産分与、年金分割、そしてBさんと2人のお子さんとの面会などについて更に話し合うよう伝えました。

 数週間後にAさんから合意した内容が私に伝えられ、それに基づいて離婚契約書を作成する事にしました。

 後日、私はAさんと共に公証役場に行き、Bさんには直接公証役場に来て頂く事にしました。Bさんは非常に表情が重く、ずっと下を向いたままでした。Aさんはどちらかと言うと割り切った様子で今後の生活のことを見据えておられるように感じました。

 公証役場での手続を終え、私は、Bさんに話しかけようとしましたが、Bさんは、「ほっといてほしい。今は何も考えられない。」と強い口調で話しながら、すぐにその場を立ち去ってしまわれました。

 Aさんからの依頼でしたから、Aさん側からのことは考えていたものの、Bさんへの配慮が足りなかったのではないかと反省しているところです。

 Aさんは仕事もしつつ、2人のお子さんを育てていくわけですから、これから大変だと思います。また、Bさんも2人のお子さんもお互い離れての生活で寂しい思いをされていると思います。

 当事者でない私が、とやかくと言えるものではありませんが、今回の件が、Aさん、Bさん、そして2人のお子さんそれぞれにとって、あらたな幸せに向かうための第一歩となる事を願うばかりです。

                        ブログランキングに参加しています。
                        下のバナーをクリック頂くと順位が
                        上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

事務所の休日~子どもの体育祭に行って~
 昨日は子どもの体育祭がありましたので、嫁(私の妻のことですが、人と話す時にはこのように言う事が多いです。)と一緒に学校に行ってきました。

 学校に着きますと、既に体育祭は始まっていました。急いでグラウンドに行きますと、そこは私にとって何か懐かしい空間のように感じました。少し湿った草のにおい、やわらかい風、やさしいひかり、そして、ときより沸く大きな歓声は、私自身が経験した体育祭や学生時代のクラブ活動のときに感じたそれとよく似ていました。

 そんな心地よい空間に浸りながらも、現実にはもうすぐうちの子の競技が始まる。ビデオ撮影をしなくてはと思いつつも、よくよく考えればCDの容量が残っていない。今さらCDを買いに行くにも時間がない。デジタルカメラは子どもが自分で撮るからと持って行ってしまっている。

 それならば、子どもの走る姿をしっかりと記憶に留めておこうと、食い入るように観ておりました。

 結局、赤、青、黄、白の4グループに分かれての対戦でしたが、うちの子の所属する白組は、最下位の4位でした。家に帰って子どもに聞きますと〝ベスト・フォーの入賞でよかった〟と友達同士で結構盛り上がっていたとの事でした。

 プラス思考でいい事かもしれませんが、その反面、〝ノウテンキ〟なところは、嫁か私かどちらに似たのでしょうか。

 きっと、嫁は私に似たと言うでしょうけど。

                        ブログランキングに参加しています。
                        下のバナーをクリック頂くと順位が
                        上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

スズメバチとの対決
 2週間ほど前に事務所入口付近にスズメバチの巣を見つけました。これは大変と思い、さおの先にハサミがついている例のよく通販で売っている器具で巣を切り落とそうと試みましたが、スズメバチがブンブンと音をたてて巣から出てきたので、すぐさま退散しました。

 退散する時にハサミが巣に当たって巣の一部が大きく破損してしまいましたので、巣作りを諦めてくれないかと少しは期待しましたが、1週間もしないうちに見事に修理がなされ、巣は復旧しておりました。

 そこで、市役所に問合せますと、防護服を貸してもらえるとの事で、早速借りてくる事にしました。防護服は、消防隊が着るような銀色の厚手で、かぶり物から手袋、長靴まで全てマジックテープとファスナーでつながっていて、ハチが入ってくるすきは全く無く、本当に完全防御です。

 これなら完璧、怖いものなしと思い、昨日、スズメバチの撃退を決行する事にしました。

 まずはスズメバチ撃退用のスプレーでハチの巣に向けて噴射し続け、スプレー缶1本を使い果たしたところで、ハチの巣を切り落とし、すぐに二重にしたゴミ袋に入れて、そのゴミ袋のくちを固く結んで一件落着となりました。

 ちょっとした事務所の騒ぎでありましたが、平和な日々がまた取り戻せてよかったと思います。
スズメバチ撃退

                        ブログランキングに参加しています。
                        下のバナーをクリック頂くと順位が
                        上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス