「行政書士会の要」と言われるような存在になれるよう、日々、奮闘してます。
事務所の休日~サザンオールスターズ茅ヶ崎ライブ~
 ちょうど1か月前の話ですが、うちの嫁(妻です…)とサザンオールスターズ茅ヶ崎ライブに行ってきました。

 うちの嫁がファンクラブに入っていて、ファンクラブ専用のネットから申し込んでの抽選の結果、見事当選、チケットを手にすることができたのでした。

 ライブ当日は、茅ヶ崎駅を降りてから会場の茅ヶ崎公園野球場に行くまでも、すごい人、人、人で、また、途中の路上や地域住民の方の駐車場などでは、缶ジュースや缶ビールが売られていて、駅を降りた時から気分は十分に盛り上がっていました。

 座席(椅子があるわけではなく、場所が決められているだけですが…)は、当日行ってみないと分からないシステムになっていて、会場入り口で渡された座席番号は、ナント、最前列。。!!
 (とは言っても、左端から3番目と4番目でしたが…)

 遠くでしたが桑田さんの横顔を見ながら、新しい曲、懐かしい曲のいろいろを聞くことができて、大変楽しい時間を過ごすことができました。

 ライブに来た記念にと思って、サザンのタオルを買って帰りましたが、家に帰って早速、高校生の息子に、「これもらう」と言って、持って行かれてしまいました。

 息子もサザンの曲はよく知っているようで、世代を超えたサザンオールスターズの人気を改めて感じました。

 親父の買ってきたサザンのタオルを、何の違和感もなく息子が自分のタオルとして使っていることに、なぜか嬉しくなってしまう親父なのであります。


     サザンのタオル
    茅ヶ崎ライブで買ったタオル

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

事務所の休日~中学校のロードレース大会に参加して~
 前回のブログに、息子の通っていた中学校の「アニキの会」で、その中学校の体育祭のリレーに参加したことを書きました。

 「アニキの会」とは、前回も書きましたが、一般によくある「おやじの会」に似たような組織です。

 今回は、先週のことですが、その中学校の恒例行事「ロードレース大会」に「アニキの会」として参加しました。

 当初、私は、走るつもりは全く無かったのですが、どういう訳か全コースの3kmを生徒達と一緒に走ることになりました。

 走る前から、後からスタートするグループの生徒達に、「抜きますから~」と言われていましたが、その通りにどんどん抜かれていきましたので、順位は後ろの方と言うことだけしか分かりません。

 生徒達と交流もできましたし、「アニキの会」の旗を作って応援してくださった方や、「生徒に負けるなよ~」と声をかけてくださった方もいて、楽しく過ごさせていただきました。

 楽しかったものの、やはり、そのあとの何日間は筋肉痛に見舞われることになりました。

 ついこのあいだの体育祭で筋肉痛を経験しているにもかかわらず、今回も走ってしまいました。

 自分で自分に言うのもおかしいですが、「本当に懲りないひと」ですね。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

事務所の休日~中学校の体育祭に参加して~
 息子の通っていた中学校に、「アニキの会」という会があります。

 息子は、その中学校を卒業して現在は高校生ですが、私は、今なお、その「アニキの会」の運営に携わっています。

 「アニキの会」とは、他の小中学校でもよく見かける「おやじの会」と似ていますが、現役の生徒の親に限らず、卒業生や卒業生の親も含めた多くの人が中学校と関わっていこうということで、1年ほど前に発足された会です。

 昨日、中学校で行われました体育祭に、学校の了解のもと、「アニキの会」として生徒たちに交じって、クラブ対抗リレーに参加しました。

 20人近くが参加してくれましたので、女子クラブと男子クラブのそれぞれの対抗リレーに1チームずつ出ることができました。

 私は、女子クラブ対抗リレーで走りましたが、「アニキの会」の結果は、女子クラブ対抗リレーでは最後から2番目、男子クラブ対抗リレーでは最下位でした。

 いい結果とは言えませんが、大きく離されることもなく、皆で楽しい貴重な時間を過ごすことができました。

 久しぶりの全力疾走でしたから、ここ数日間は筋肉痛に悩まされることになると思います

 楽しさの後に苦しさありですが、湿布をいたるところに張り付けて乗り越えていこうと思っています。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

7が5つ揃うとき
 先日、嫁(妻のことですが…)の出先に迎えに行った時のことです。

 嫁を車に乗せて走っているときに、なにげなく走行メーターを見ますと、走行距離が77,770キロと少しとなっていました。

 「それならば、一緒に77,777キロに向かってカウントダウンしょう」ということになって、結構、話が盛り上がりました。

 でも、意識して見ていても、あまり走行距離が進む感じがしなかったのと、何よりも安全運転が大事ですから、とりとめのない話をしながら運転を続けていました。

 そうこうしているうちに、突然、嫁が「あぁ!」と声を出すものですから、その指さす方を見ると、つまりは走行メーターを見ますと、知らない間に、77,777キロメーターは過ぎてしまっていました。

 私も「あぁ、残念。。。」と思わず言ってしまいました。

 折角の機会だったのに、7が5つ揃うところを見ることができませんでした。

 嫁と二人で、「あぁあ…。」と何度も言って、先ほどの盛り上がりとは反対に、残念がっておりました。

 次の機会は、8が5つ揃うときかも知れません。(7が揃うときほど盛り上がらないかもしれませんが)

 こんな感じで、どうでもいいことに盛り上がったり、残念がったりですが、それでも、“次の機会は絶対に見逃さないぞ!”と、これまた、どうでもいいことを心に決めたのでした。

 これを“プラス思考”と言っていいのか分かりませんが。

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

おおらかな日々~福岡での通勤~
 先日、休みの日に家で昼間ウトウトとしていましたら、ある会社の福岡支店に勤務していた頃のことが思い出されて来ました。

 ずいぶん前のことですが、どういうわけか、当時の通勤している様子が頭に浮かんで来たのでした。

 そこで、その当時の事を少しだけ記します。

 当時、独身寮から歩いて15分くらいの所に勤務している会社(福岡支店)がありました。

 そして、ある日の事、ふと思いついたのでした。

 “ローラースケートで通勤すれば楽しいだろうなぁ”と。

 そこで、何の躊躇もなくローラースケートを購入して、次の日、早速ローラースケートで会社に出勤することにしました。

 車が頻繁に通るような道路ではなかったので、のんびりとした気分で会社に向かいました。

 会社に到着してすぐに、ローラースケートを履いたままタイムカードを押していたところ、直属の上司に怒られました。

 「おまえは何を考えているんだ。」

 それを見ていた副支店長が、その上司に向かって、「これで良いんだよ。」と言ってくれたおかげで、上司はそれ以上何も言いませんでした。

 それからは、天気のいい日はローラースケートでの通勤でした。

 その半年後に独身寮が遠くに移りましたので、その時点でローラースケート通勤は終わりにしました。

 今から思うと、ローラースケートでの通勤なんて、よくしたものだと思いますが、当時は、アメリカ西海岸で生活しているような、空想の世界に居たのかもしれません。

 古き良き時代と言うのか、福岡という土地柄なのか、自由な社風だったというのか、おおらかな日々を過ごさせて頂きました。

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

バレンタイン・デーの“どや顔”
 昨日は、今や国民的行事の日と言ってもいいのかもしれませんが、“バレンタイン・デー”でした。

 私は、地域でボランティアの活動もさせて頂いていることから、そのつながりで、その地域の方々からチョコレートを頂きました。

 義理チョコであったとしても、これはこれで素直にうれしいものです。

 ちょうど家にいた娘に、いわゆる“どや顔”で、「どう?」と言って見せましたが、娘には「いま忙しいから」と言われて、全く相手にされませんでした。

 娘は、サークルの友だちに渡すためのチョコレート作りが大変で、親父どころではない様子でした。

 とは言うものの、後で、娘から手作りチョコの試食と感想を求められて、我が家での娘と父親との距離は、こんな感じでほどほどなのかもしれません。

 嫁(妻です)から本命チョコ(義理ではないと信じたい)を貰って、“バレンタイン・デー”の一日は、それなりに楽しく過ごさせて頂きました。

 今なおこの国民的行事に参加していると勝手に思い込んで、一人“どや顔”の自分がいるのでした。

                   ブログランキングに参加しています。
                   下のバナーをクリック頂くと順位が
                   上がります。よろしくお願いします。

                         ↓↓↓↓↓
                       

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

おやじギャグ
 “なでしこジャパンの佐々木監督が、「おやじギャグで笑わせるなどしてひたむきに指導した。」ということで、「ゆうもあ大賞」に選ばれた”との報道がありました。

 「コンゴ戦のことは今後考えます。」と言った佐々木監督のおやじギャグは、有名なおやじギャグとなっています。

 “だから”と言うわけではありませんが、今日の夕方、大学生の娘を駅まで車で迎えに行って、娘を車に乗せて家に帰る車中での話です。

 娘が「最近、試験やサークル活動とかで、結構忙しくて、崩壊しそう。」と言うものですから、・・・

 私は思わず『ほうかい(そうかい)』とおやじギャグであいづちを打ちました。

 “野球に例えると、『ど真ん中ストレートの球をセンター方向に打ち返したクリーンヒット』のようなおやじギャグ”と自分で評価しつつ、

 “我ながらよくここで言えたな”と自分で自分に感心していました。が、・・・

 「ひとがこんなに大変だと言っているのに、つまらないおやじギャグ、言わないでよ。」と娘にひどく怒られました。

 なでしこジャパンのようにとはならず、我が家では、おやじギャグは父娘の関係を崩壊させるもとになってしまいそうです。

 これにまた、『ほうかい』と言っている場合ではありませんよね。 

                  ブログランキングに参加しています。
                   下のバナーをクリック頂くと順位が
                   上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

些細な話をひとつ
 ちょうど1ヶ月間、ブログを更新しないでいましたが、少し書くことができる状況になりました。

 “今までの運営サイトをリニューアルするために時間を費やしていた”というのが、言い訳にならない言い訳です。

 まだまだ充実させていく必要はありますが、よろしかったら、運営サイトにも立ち寄ってみて下さい。 

 また、このブログも些細な話題ばかりになるかもしれませんが、少しずつ書いて行きたいと思っています。

 と言うことで、本当に些細な話をひとつ。

 先日、髪の毛を切りに、いつもの美容院に行きました。

 美容院とは言っても、よくある低価格でカットだけしてくれるところですが、それでも従業員は3、4名います。

 受付で毎回言われるのが、「誰かご指名はありますか。」ですが、これがなかなかご指名する勇気が持てない。

 本当は、店長が一番上手いということを分かってはいても、です。

 “ほかの従業員に上手くないと言っていることになりはしないか”とかの余計な気を遣ってしまいます。 

 そして、“店長が当たりますように”と願って椅子に座るだけです。

 髪型にこだわりがあるわけではありませんが、センスの違いというか、店長にカットしてもらうのと従業員にしてもらうのとでは、どことなく違います。

 今回も、“店長を指名しておけばよかった”と思ってはみても、それでも次回も指名できないであろう、結構デリケートな自分がいるのでありました。

                  ブログランキングに参加しています。
                   下のバナーをクリック頂くと順位が
                   上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

もうちょっとだけ気になること
 少し前にこのブログで、「ちょっと気になること」と題して、「Google」と「Yahoo!」で、私の名前の『横田要』を検索したときのことを記しています。

 “「Google」では『もしかして:横尾要』、「Yahoo!」では『横尾要ではありませんか?』のコメントが付いてくるので残念な気持ちになる”と書きました。

 横尾要さんはプロゴルファーとして有名な方ですからやむを得ないと諦めかけていたところでしたが、最近、改めて『横田要』で検索してみました。

 すると、前回検索したときのようなコメントは付いてきません。

 “「Google」と「Yahoo!」にも、やっと、一人の名前として認められたか”、と少々ほっとしているところです。

 どこかの私の知らない横田要さんの活躍のおかげかも知れません。

 まずもって、全国の同姓同名の横田要さんありがとうございます。

 それでは、逆に、「横尾要」で検索してみると何かコメントが付いてくるのか気になりました。

 検索してみると、何らコメントは付いてきません。

 横田要の「田」を、「山」、「谷」、「井」にかえてみてはどうか、もうちょっとだけ気になって検索してみましたが、特にコメントは付いてきません。

 もうひとふんばりして「道」にしてみましたが、何らコメントはありません。

 何を期待していたかと言いますと、『もしかして:横田要』とか、『横田要ではありませんか?』のコメントが現れてくれるのではと。

 また、そんな有りもしないことを考えて、日々過ごしているのでありました。

【関連記事】
ちょっと気になること・・・>

                  ブログランキングに参加しています。
                   下のバナーをクリック頂くと順位が
                   上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス

いま頑張らずにいつ頑張る!~大徳寺大仙院の思い出~
 先日、私の部屋の本棚を整理していますと、その棚の奥の方から少し焦げたように茶色くなった本が1冊出てきました。

 その本のタイトルは『 いま頑張らずにいつ頑張る!』ですが、その内容は、京都の大徳寺大仙院の当時は住職であられました尾関宗園さんの語録を集めたものです。

 本の発行日が昭和59年とありますから、ずいぶん前に購入していたことになります。

 そんなことを切っ掛けに、大徳寺大仙院にまつわる私の思い出話をご紹介したいと思います。

 当時、私は京都に住んでいて、今もある私の実家の近くに大徳寺大仙院があります。

 その頃、大学受験に向けた浪人生ではありましたが、あまり勉強に集中できずにいました。

 そこで、気分転換にと考えて、また、少しは小遣いにもなることから、夕方に新聞配達をしていました。

 そして、ある日のこと、新聞配達の後に、ふと、大仙院に行ってみたくなりました。

 その頃でも既に何度か行ったことがあって、きれいに整った庭を眺めるのが好きでした。

 拝観料を払って入ったところ、奥で庭を掃除していた大仙院の関係者の方が、私に近づいてこられました。

 そして、「来てくれたのですね。それは有難い。では、お願いします。」と言って、持っておられた竹ぼうきを私に渡しました。

 私も、何が何だか分からずに、言われるままに掃除を始めました。

 ある程度の掃除が進んだところで、大仙院の関係者の方が、大慌てで戻ってこられました。

 「すみません。拝観に来られた方だったのですね。」と言って、私に平謝りでした。

 よくよく話を聞いてみると、私は新聞配達の後のジャージ姿でしたから、それを見たお寺の関係者の方は、掃除を手伝いに来た檀家の方か何処かのボランティアの方と勘違いされたようでした。

 私もすぐに言えば良かったのですが、理由は分からないけど、“お寺を掃除するのもいいかな”と思って掃除をしていました。

 結局、お詫びと言うことで、和菓子と抹茶を頂くことになりました。

 お坊さんから「受験のことは焦らなくていいよ」などのお言葉を頂きながら、ゆっくりとお話をさせていただきました。

 大仙院は、利休とも所縁があるお寺とのことで、そこで、お茶を点てて頂いたのですから、ずいぶんと得した日になりました。

 今でも思い出すと微笑んでしまう出来事です。

 そんなことを思い出しながら、尾関宗園さんの気合の入った顔のイラストと、『 いま頑張らずにいつ頑張る!』のタイトルを眺めていると、“頑張れ”と応援されているように感じます。 

                  ブログランキングに参加しています。
                   下のバナーをクリック頂くと順位が
                   上がります。よろしくお願いします。
                         ↓↓↓↓↓

                       

テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス